遺産はいとこももらえるもの?

相続

遺産については、被相続人から見て法定相続人が受け取る権利を持っています。
法定相続人というのは、いわゆる夫から見ると妻、妻から見ると夫という配偶者の他、性別や年齢に関わらず、子供たちも含まれています。
被相続人が亡くなった際、この相続人に関しては一気に調査が始まります。
被相続人にとって配偶者や子供と呼べる関係の人がいないかどうか、すべて調べていくということになります。
ほとんどの場合は配偶者と子供だけがしっかり見つかり、それらが法定相続人となります。
しかし、場合によっては配偶者が亡くなっていたり、子供が亡くなっていたりする場合も、少なからずあるかもしれません。
そうなった場合は、被相続人の両親や兄弟姉妹などにも相続人としての権利が与えられます。
ただ、原則としては被相続人に直接関係のあった配偶者や子供が最優先となるので、その点はしっかりと理解しておくことが必要となってきます。

では、いとこは遺産を受け取ることができるのかという点について考えてみます。
これに関しては、正直なところ難しいと言えるでしょう。
血縁はあると言っても、そもそもいとこというのは両親の兄弟の子供です。
つまり、いとこの場合は状況によって受け取れるかどうかも変わってきます。
例えば、被相続人自体のいとこであれば、受け取ることができる可能性はあります。
ただ、被相続人ではなく配偶者のいとこや配偶者のいとこは、そもそも血縁からは遠いです。
そのため、どうしてもいとこが相続したい場合は、法定相続人がいない場合となります。
被相続人にとって配偶者と呼べる人もおらず、子供と呼べる人もいない場合は、いとこがもしかしたら相続人になることはできるかもしれません。
そこは、遺言書や遺書などによっても変わってくるので、実際は状況もそれぞれ違ってきます。

いとこが相続を受けたいと思っている場合は、まずは状況の整理から始めましょう。
もちろん、遺言書や遺書で「私の財産はいとこである〇〇に相続する」とあれば、それを考慮することもあります。
ただ、いとこの場合は法定相続人とも言えないため、そもそも状況によってかなり違ってくるというのが正直なところです。
まずはどのような状況なのかを専門家に相談し、その上で解決してもらってみてください。
実際にいとこでも相続を受けるというケースは、ないことはないです。
ただ、配偶者や子供がいる場合には、そちらの法定相続人が相続を受ける権利を持っているので、そこは考慮しなくてはなりません。

はじめての遺産分割

相続01

遺産相続はほとんどの人が生涯で1度は経験すると思いますが、遺産相続について知識をしっかり持っているという人はもともとそういう仕事に携わっていた人、あるいは遺産相続に興味があって自主的に調べていた人くらいだと思います。
実際に初めて遺産相続する人の中にはどのようにして進めていいのか分からない…という人がけっこう多いですし、相続人が勝手な判断で話を進めてしまってトラブルになることもめずらしくありません。

そこでここでははじめて遺産相続する人のために遺産分割の選択肢を紹介していきますので、これから遺産相続する可能性がある皆さんは把握しておいてください。
まずはじめにもっとも円満かつスムーズに決まりやすいのが被相続人の遺言書が残されているケースで、これは遺言書そのものが遺産分割をするときにもっとも優先されるからです。

遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言・秘密証書遺言と3つあって、自筆証書遺言は紙とペンがあれば自分だけでも簡単に作成できるもっともスタンダードなもの、公正証書遺言は公正証書として保管しておけるので確実性が高いもの、秘密証書遺言は周囲に内容を秘密にできるものという特徴があります。
一番確実なのはコストがかかりますが公正証書遺言で、相続財産の総額が大きくなりそうであればこちらがおすすめです。

また、遺産相続は一般的に被相続人の配偶者、子供、父母祖父母、兄弟姉妹が対象になりますが、赤の他人に相続させたい場合でも遺言書に残しておけば引き継がせることが可能です。
ただしその際に本来相続人になるはずだった親族は遺留分減殺請求をする権利があります。

次に遺言書が残されていない場合は遺産分割協議によって決めることになります。
遺産分割協議はもっともよく利用される遺産分割の方法で、相続人全員がそろって話し合い、誰がどの財産を相続するのか決めます。

遺産分割協議はすべての相続人が揃っている状態でなければ成立しませんので、あらかじめ相続人調査と財産調査をしておきます。
最後に法定相続分による決め方もあって、これは文字通り法律で定められている割合で決めます。

ただ法定相続による遺産分割はあくまでも基準として考えることがほとんどで、これは遺産分割の対象になる財産が必ずしもすべて現金のように簡単に分けられるものではないからです。
このようにこれから遺産分割をする人はどういった選択肢があるのか、どのような流れで進めていけばいいのか情報収集しておきましょう。

遺産分割のいろは

相続

遺産相続は「手続きがややこしい」「トラブルになる可能性が高い」といったネガティブなイメージを持っている人が非常に多いですが、実は流れに沿って進めて行けばそれほど難しいことではありませんし、トラブルを回避する手段も十分にあります。
それではなぜそのようなネガティブなイメージを持たれているかと言うと、シンプルに遺産相続に対する知識があまりなく、それが結果的にトラブルを引き起こしているのです。

たとえば相続人自身の勝手な見解で相続について話を進めてしまえば当然相続人同士のエゴがぶつかり合いますからトラブルになりやすいですし、そこでお互い正しい知識を身に着けていればもっと建設的な話し合いができたはずです。
遺産相続の分岐点となるのは遺産分割をするところまでで、ここまでを一区切りとすればある程度スムーズに進められますので、まずは遺産分割まできちんと進めることを意識してほしいと思います。

そこでここではスムーズな遺産分割をするためにそこに至るまでの流れを説明していきますので参考にしてください。
まずはじめにするのは被相続人が遺言書を残していないかの確認で、遺言書が残されていた場合はそれに基づいて相続を進めていきますので、それほどトラブルになる心配はありません。

と言うのも、遺言書の効力は遺産相続をするうえでもっとも高く、被相続人の意思が反映される唯一の手段なので、相続人がどうにかできることではないからです。
ただ一般的に遺言書が残されているケースのほうが少ないですから、その場合は遺産分割協議に向けて動き出します。

遺産分割協議は相続人と遺産を確定させたうえで、誰がどの遺産を相続するのか話し合いますので、まずはその調査を行わなければなりません。
調査は専門家に依頼するのがおすすめで、専門家が第三者として間に入ってくれることによってトラブルを回避することにも繋がりますので、一石二鳥です。

また、遺産分割協議の開始は被相続人が亡くなってから3カ月以内にスタートさせることになっているので、それまでのところでもし相続を放棄する場合はしておかなければなりません。
相続を放棄した場合はその人は相続人としての権利を一切失いますので、今後遺産相続に関わることはできなくなりますから、その点だけ覚えておいてください。

遺産分割協議が終わったら遺産分割協議書を作成し、相続人が各々手続きを進めていきます。
相続税が発生する場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内に納税してください。

遺産分割に関するアドバイス

遺産分割はトラブルになりやすいことでも知られていますが、できるだけトラブルにならないためにはどのようにするのがベストなのでしょうか?
ここでは遺産分割をスムーズに進めていくためのアドバイスをしていきたいと思いますので、参考にしてください。
“遺産分割に関するアドバイス” の続きを読む

自動車の相続

被相続人となる家族が亡くなったら、遺産分割について話し合いをはじめなければなりませんが、その対象となる財産の中でも非常に高い確率で相続する可能性があるのが自動車です。
日本では多くの家庭で一台は自動車を保有しているでしょうし、地方だと複数台所有しているところもめずらしくありません。
したがって自動車を相続するときの流れはきちんと把握しておかなければなりません。
“自動車の相続” の続きを読む

株式の遺産分割

遺産相続の対象となる財産はいろいろなものがありますが、株式もその中のひとつです。
遺産相続をするにあたって、遺産分割をしなければなりませんが、株式の場合はどのようにして遺産分割すればいいのでしょうか?
一般的に遺産分割するときには遺産分割協議をして誰がどの財産を相続するのか決めますが、株式のように評価を明確にしなければならない、また現金のように簡単に分割ができないものはトラブルになりやすいです。
そこでここでは株式が遺産相続の対象になっていたときの遺産分割の進め方についてお話していきたいと思います。
“株式の遺産分割” の続きを読む

不動産はトラブルになりやすい

遺産相続はトラブルになる可能性が高いとよく言われますが、遺産分割についてのトラブルはとても多く、中でも不動産絡みのトラブルは有名です。
不動産は相続の対象になりやすい財産ですし、現金のように簡単に分割できるものではありませんから、トラブルになりやすいのです。
それでは不動産に関するトラブルにはどんなものがあるのでしょうか?
“不動産はトラブルになりやすい” の続きを読む

法定相続分について

遺産相続を進めるにあたって遺言書が残されていない場合は一般的に遺産分割することになりますから、法定相続人が集まって遺産分割協議を開きます。
遺産分割協議は法定相続人全員が揃っている状態ではじめなければいけませんので、まずは戸籍調査を行い、同時に相続の対象となる財産の調査もしておきます。
“法定相続分について” の続きを読む

遺産分割がうまくいかない

遺産相続は一般的にトラブルが多いイメージが持たれていますが、残念ながらこれは事実で、遺産相続を経験した人のおよそ70パーセントの人が何らかのトラブルがあったと答えています。
中でも特に多いのが遺産分割に関するトラブルで、遺産分割は法定相続人が集まって協議しますから誰がどの財産を相続するかによって揉めてしまうのです。
それでは遺産分割を進める方法にはどんなものがあるのか、ここではそのあたりの話をしていきたいと思います。
“遺産分割がうまくいかない” の続きを読む

遺産分割のスケジュール

遺産相続を進めるにあたって、通夜や葬儀が終わったらまず遺言書の確認をします。
遺言書が残されている場合はそこに記載されている内容に沿って進めることができますから、開封を弁護士に依頼し、裁判所での検認をします。
しかしほとんどの場合、遺言書が残されていることはありませんので、その場合は遺産分割に向けて話を進めていきます。
遺産分割をするうえで重要なのはスケジュールをきちんと把握しておくことで、これがあらかじめできているととてもスムーズに遺産分割を進められます。
“遺産分割のスケジュール” の続きを読む