遺産はいとこももらえるもの?

相続

遺産については、被相続人から見て法定相続人が受け取る権利を持っています。
法定相続人というのは、いわゆる夫から見ると妻、妻から見ると夫という配偶者の他、性別や年齢に関わらず、子供たちも含まれています。
被相続人が亡くなった際、この相続人に関しては一気に調査が始まります。
被相続人にとって配偶者や子供と呼べる関係の人がいないかどうか、すべて調べていくということになります。
ほとんどの場合は配偶者と子供だけがしっかり見つかり、それらが法定相続人となります。
しかし、場合によっては配偶者が亡くなっていたり、子供が亡くなっていたりする場合も、少なからずあるかもしれません。
そうなった場合は、被相続人の両親や兄弟姉妹などにも相続人としての権利が与えられます。
ただ、原則としては被相続人に直接関係のあった配偶者や子供が最優先となるので、その点はしっかりと理解しておくことが必要となってきます。

では、いとこは遺産を受け取ることができるのかという点について考えてみます。
これに関しては、正直なところ難しいと言えるでしょう。
血縁はあると言っても、そもそもいとこというのは両親の兄弟の子供です。
つまり、いとこの場合は状況によって受け取れるかどうかも変わってきます。
例えば、被相続人自体のいとこであれば、受け取ることができる可能性はあります。
ただ、被相続人ではなく配偶者のいとこや配偶者のいとこは、そもそも血縁からは遠いです。
そのため、どうしてもいとこが相続したい場合は、法定相続人がいない場合となります。
被相続人にとって配偶者と呼べる人もおらず、子供と呼べる人もいない場合は、いとこがもしかしたら相続人になることはできるかもしれません。
そこは、遺言書や遺書などによっても変わってくるので、実際は状況もそれぞれ違ってきます。

いとこが相続を受けたいと思っている場合は、まずは状況の整理から始めましょう。
もちろん、遺言書や遺書で「私の財産はいとこである〇〇に相続する」とあれば、それを考慮することもあります。
ただ、いとこの場合は法定相続人とも言えないため、そもそも状況によってかなり違ってくるというのが正直なところです。
まずはどのような状況なのかを専門家に相談し、その上で解決してもらってみてください。
実際にいとこでも相続を受けるというケースは、ないことはないです。
ただ、配偶者や子供がいる場合には、そちらの法定相続人が相続を受ける権利を持っているので、そこは考慮しなくてはなりません。