はじめての遺産分割

相続01

遺産相続はほとんどの人が生涯で1度は経験すると思いますが、遺産相続について知識をしっかり持っているという人はもともとそういう仕事に携わっていた人、あるいは遺産相続に興味があって自主的に調べていた人くらいだと思います。
実際に初めて遺産相続する人の中にはどのようにして進めていいのか分からない…という人がけっこう多いですし、相続人が勝手な判断で話を進めてしまってトラブルになることもめずらしくありません。

そこでここでははじめて遺産相続する人のために遺産分割の選択肢を紹介していきますので、これから遺産相続する可能性がある皆さんは把握しておいてください。
まずはじめにもっとも円満かつスムーズに決まりやすいのが被相続人の遺言書が残されているケースで、これは遺言書そのものが遺産分割をするときにもっとも優先されるからです。

遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言・秘密証書遺言と3つあって、自筆証書遺言は紙とペンがあれば自分だけでも簡単に作成できるもっともスタンダードなもの、公正証書遺言は公正証書として保管しておけるので確実性が高いもの、秘密証書遺言は周囲に内容を秘密にできるものという特徴があります。
一番確実なのはコストがかかりますが公正証書遺言で、相続財産の総額が大きくなりそうであればこちらがおすすめです。

また、遺産相続は一般的に被相続人の配偶者、子供、父母祖父母、兄弟姉妹が対象になりますが、赤の他人に相続させたい場合でも遺言書に残しておけば引き継がせることが可能です。
ただしその際に本来相続人になるはずだった親族は遺留分減殺請求をする権利があります。

次に遺言書が残されていない場合は遺産分割協議によって決めることになります。
遺産分割協議はもっともよく利用される遺産分割の方法で、相続人全員がそろって話し合い、誰がどの財産を相続するのか決めます。

遺産分割協議はすべての相続人が揃っている状態でなければ成立しませんので、あらかじめ相続人調査と財産調査をしておきます。
最後に法定相続分による決め方もあって、これは文字通り法律で定められている割合で決めます。

ただ法定相続による遺産分割はあくまでも基準として考えることがほとんどで、これは遺産分割の対象になる財産が必ずしもすべて現金のように簡単に分けられるものではないからです。
このようにこれから遺産分割をする人はどういった選択肢があるのか、どのような流れで進めていけばいいのか情報収集しておきましょう。