遺産分割に関するアドバイス

遺産分割はトラブルになりやすいことでも知られていますが、できるだけトラブルにならないためにはどのようにするのがベストなのでしょうか?
ここでは遺産分割をスムーズに進めていくためのアドバイスをしていきたいと思いますので、参考にしてください。

はじめに遺産分割をするうえでもっとも重要なポイントになるのが遺産分割協議で、これを行うことによってその後誰がどの財産を相続するのか決まります。
遺産分割協議は被相続人が亡くなってから3カ月以内にはじめることになっており、法定相続人になる人のみが対象になります。
法定相続人になる人とは被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹のいずれかで、全員が対象になるわけではなく、優先順位が高い順番で権利が与えられていきます。

たとえば配偶者と子供がいる場合は父母祖父母や兄弟姉妹は相続権が与えられませんので、遺産分割協議に参加することはありませんし、子供がいない場合は繰り上がりで父母祖父母、子供も父母祖父母もいない場合は兄弟姉妹が繰り上がりになります。
ただこの組み合わせはあくまでも法定相続分における相続順位ですから、法定相続人の同意のもとに相続権を与える分には特に問題はありません。
また、遺言書が残されている場合はそちらが優先されますから、遺産分割協議を開く必要はなく、裁判所で検認を行って遺言書に記載されている内容通りに相続を進めていきます。

また、遺産分割においてトラブルにならないためには正しい評価方法をすることも大切で、遺産はすべてシンプルに分割できるわけではありませんから、それぞれの評価方法を知っておく必要があります。
たとえば株式であれば上場株式か非上場株式かによって変わってきますので、よく分からない場合は相続人だけで話し合うのではなく専門家を交えて進めていくことをおすすめします。
専門家が混じることによって第三者的な目線から正しい知識でアドバイスできますので、スムーズな遺産分割ができます。