自動車の相続

被相続人となる家族が亡くなったら、遺産分割について話し合いをはじめなければなりませんが、その対象となる財産の中でも非常に高い確率で相続する可能性があるのが自動車です。
日本では多くの家庭で一台は自動車を保有しているでしょうし、地方だと複数台所有しているところもめずらしくありません。
したがって自動車を相続するときの流れはきちんと把握しておかなければなりません。

まず遺産分割をはじめるにあたって遺産分割協議を行いますが、その際に法定相続人と相続財産を明らかにしておかなければなりません。
自動車の場合はあらかじめ評価をしておくこともできますが、査定に出すとなると大掛かりなのでだいたいの買取価格を目安にしてもいいでしょう。

そして自動車は名義人を2人にすることもできますが、通常一人の相続人が相続したほうが手続きもスムーズでやりやすくなります。
自動車を相続するときには車検証上の記載に従って、登録番号、車名、型式、車台番号など自動車を特定できる情報を遺産分割協議書にきちんと明記して下さい。

名義変更の際に準備しなければならないのは自動車検査証、戸籍謄本又は戸籍の全部事項証明書、遺産分割協議書、車庫証明ですから、これらを忘れずに準備しましょう。
必要なものが揃ったら陸運局にて名義変更手続きを行い、それが終われば晴れて相続人の持ち物となります。

よくあがる疑問点として自動車は相続手続きをしなくてもいいのでは?という声がありますが、相続手続きをしないままでも使うことはできるものの、そのままでは廃車手続きなどもできませんので結局名義変更はしなければなりません。
ですから、どうせ遺産相続をするのであればそのときに一緒にやってしまったほうが無駄な手間もかかりません。
名義変更したあとの自動車は中古車買い取り業者に依頼して買い取ってもらっても構いませんし、自由にできます。
まずはほかの遺産と同じように遺産分割協議をしてどのようにするのか話し合ってください。