株式の遺産分割

遺産相続の対象となる財産はいろいろなものがありますが、株式もその中のひとつです。
遺産相続をするにあたって、遺産分割をしなければなりませんが、株式の場合はどのようにして遺産分割すればいいのでしょうか?
一般的に遺産分割するときには遺産分割協議をして誰がどの財産を相続するのか決めますが、株式のように評価を明確にしなければならない、また現金のように簡単に分割ができないものはトラブルになりやすいです。
そこでここでは株式が遺産相続の対象になっていたときの遺産分割の進め方についてお話していきたいと思います。

はじめに株式には上場株式と非上場株式の2種類あって、同じ株式でも特徴が異なります。
まず上場株式とは証券取引所や信託銀行を通じて取引しているもので、市場に出ている株式のことです。
ですから上場株式を相続するためにはまず取り扱っている証券取引所や信託銀行に連絡して名義変更を行う手続きをしなければなりません。
上場株式を遺産分割するときには最低売買数超えるようにしたほうがいいです。
名義変更する時点で相続人全員の同意書や遺産分割協議書が必要になりますから、先に遺産分割協議を終わらせておく必要があります。

次に非上場株式についてですが、これは上場している株式ではありませんから証券取引所や信託銀行は関与しておらず、直接株式を発行している企業へ連絡して名義変更を行います。
非上場株式の場合も連絡先が異なるだけで基本的な手続きの流れは同じです。
ただし非上場株式の場合は市場に出ている株式ではありませんので、名義変更をした後に取引をすることができませんから、企業に買い取ってもらうほうがいいでしょう。

上場株式の場合は名義変更したあとは相続人の所有となるので、その株式を使った取引も自由にできます。
名義変更するときには相続人の専用口座が必要になりますので、証券取引所や信託銀行の口座を開設してから名義変更をして取引をしてください。