不動産はトラブルになりやすい

遺産相続はトラブルになる可能性が高いとよく言われますが、遺産分割についてのトラブルはとても多く、中でも不動産絡みのトラブルは有名です。
不動産は相続の対象になりやすい財産ですし、現金のように簡単に分割できるものではありませんから、トラブルになりやすいのです。
それでは不動産に関するトラブルにはどんなものがあるのでしょうか?

まずとても多いのが自宅を相続する場合のトラブルで、たとえば家族で同居していたとすると、被相続人が亡くなった後に誰が自宅を相続するかでトラブルになるケースがあります。
これは遺産分割協議において話し合うと思いますが、複数の法定相続人が自宅を相続したいと主張してきた場合、どちらかが譲るしかありません。
法定相続分で決めるとしても、割合までしか決めることができませんので、誰がどの財産を相続するかは協議の中で決める必要があります。

したがって一般的には自宅を相続する法定相続人がほかの法定相続人に対して同じくらいの価値のあるものを譲る、あるいは代償金という形で金銭を渡して成立させるケースがほとんどです。
不動産はとても高額なものがほとんどなので、法定相続分ではなかなか分割しきれませんし、あらかじめどうするのか話し合っておくほうがいいかもしれません。

そして不動産の相続において代償金の支払いができないケースというのもあって、この場合はもっと揉めやすいと言っていいでしょう。
通常不動産を相続する代わりに渡す代償金ですから、それができないとなると当然ほかの法定相続人は不公平に感じるでしょうし、それなら自分が相続して代償金を払うという人が出てくると思います。

さらに不動産の評価方法について揉めるケースというのも多々ありますから、不動産の評価方法についてはあらかじめチェックしておいたほうがいいでしょう。
これは専門家に任せるのが一番ですが、評価方法自体はインターネット上でもたくさん出ているので調べてみてください。